【豆知識】アル・ヘイグの『インヴィテーション』


アル・ヘイグが20年ぶりにカムバックを果たして録音したアルバムが『インヴィテーション』だ。

invitation.jpg


このトリオのパーソネルは、ジルベール・ロベール(b)、ケニー・クラーク(ds)だが、
当初はベースにニールス・ペデルセン、ドラムスにエド・シグペンが配される予定だったという。

いずれにせよ、
一度聴いたら忘れられない《インヴィテーション》。

長いブランクの間に何があったのかは分からないけれど、
より一層、ダークな美しさが磨かれたピアノに驚きと恍惚。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック