Ornette Coleman『New York Is Now』評



本日2012年5月7日より、ちょうど44年前の1968年5月7日(と4月29日)に、オーネット・コールマンは、デューイ・レッドマン、ジミー・ギャリソン、エルヴィン・ジョーンズとともにブルーノートに『ニューヨーク・イズ・ナウ』を録音しました。

New York Is Now! [Import, From US] / Ornette Coleman (CD - 1993)
New York Is Now! / Ornette Coleman

コルトレーン・カルテットのリズムセクションの2人が肉厚で立体的なうねりを提供しているだけでも聴きごたえがあるのですが、それに加えて“怪物”デューイ・レッドマンのテナーも演奏上に面白いアクセント、効果を付け加えています。

有名曲《ブルードウェイ・ブルース》で頭の中、楽しく空っぽになってください(笑)。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック