ライヴ・アット・ザ・1963・モントレー・ジャズ・フェスティヴァル/マイルス・デイヴィス



私の場合、トニー・ウィリアムス、ロン・カーター、ハービー・ハンコックのリズムセクションによるライブアルバムは、

『フォア・アンド・モア』

 Four & More

 ↓

『イン・ヨーロッパ』

 マイルス・イン・ヨーロッパ

 ↓

『モントレー・ジャズ・フェスティヴァル1963』

 Live at the 1963 Monterey Jazz Festival


という順番で聴いています。


つまり、時代を遡るカタチで聴いているんですね。


そうすると、なるほど、あのスンゲーリズムセクションもじつは、たび重なるライブ演奏の累積で、急速に進化を遂げていったんだなということがよくわかるんですね。




  『フォア・アンド・モア』
   →すごい!(特にドラムが)
    勢いあふれて爽快! これぞジャズ!


  『イン・ヨーロッパ』
   →『フォア・アンド・モア』ほどの勢いはないけど、
     これはこれで聴きやすい。


  『モントレー・ジャズ・フェスティヴァル1963』
   →うーん、ノドカだなぁ。
    でも、これもこれで聴きやすい


こんな感じ。


遡って聴くと、あのスゴイリズムセクションも、一朝一夕であのような形態になったのではなく、最初は比較的オーソドックスな内容からスタートしているんだということがよくわかるし、今度は改めて、モンタレーから時代を追って『イン・トーキョー』→『イン・ベルリン』まで聴き進むと、急速に進化発展を遂げ行くマイルス・黄金のリズムセクションの凄さを実感することが出来るのです。



最近まで未発表音源だった『モンタレー・ジャズ・フェスティヴァル 1963』は、
ジョージ・コールマン(ts)
ハービー・ハンコック(p)
ロン・カーター(b)
トニー・ウィリアムス(ds)
ら精鋭を集め、結成したてのクインテットでのライブ演奏。



いわば西海岸での新メンバーお披露目コンサートに近い内容かもしれません。



だから、《枯葉》、《ソー・ホワット》、《星影のステラ》、《ウォーキン》という当時の代表的レパートリーも、よく言えばマイルド、悪くいえばユルめのテンションで牧歌的にすら聴こえてしまうところが面白い。特に未来の演奏『フォア・アンド・モア』を知ってしまった耳にはそう響いてしまうのはいたしかたのないところ。



もちろん、演奏は悪くないし、特にジョージ・コールマンが漢(おとこ)!!
って感じで、たぶん、この時期のメンバーの中ではいちばん幅を利かせているのではないかな。



未発表音源だったとはいいつつも、音は良く、テンションゆるめと書きましたが、それはあくまで後年の演奏と比較をした場合の話で、このライブの演奏そのもののクオリティは決して低くはありません。


すべてのマイルスファンにオススメしたいライブ盤ですね。



Live at the 1963 Monterey Jazz Festival

Live at the 1963 Monterey Jazz Festival

  • アーティスト: Miles Davis
  • 出版社/メーカー: Monterey Jazz Fest
  • 発売日: 2007/08/30
  • メディア: CD






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック