Cecil Taylor『Conquistador!』評


セシル・テイラーを知らない入門者に最初にお勧めしたいアルバム、
私なら『コンキスタドール』を挙げたいと思います。


フリージャズといえども、
演奏の展開、構成、盛り上がりや盛り下がりが、
非常にヴィジュアルライクというか、
流れが分かりやすく、追いかけやすいんですね。


Conquistador [Original recording remastered, Import, From US] / Cecil Taylor (CD - 2004)
アマゾンで購入⇒コンキスタドール
  楽天で購入⇒コンキスタドール


自分自身が最初に買って聴いたアルバムということもあるのですが、
最初に聴いた時から、
難しい!とは感じませんでしたし、
直感的に、なんだかスケールの大きな感動の音物語なのだろうなと身震いをした記憶があります。


そんなセシル・テイラーの代表作『コンキスタドール』は、
本日2011年10月6日より45年前の
1966年10月6日録音されました。


古さをまったく感じさせない、
音と音のせめぎ合い、躍動感。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック