Thelonious Monk『Genius Of Modern Music vol.2』評



本日2011年10月15日より、ちょうど64年前の1947年10月15日に、セロニアス・モンクは、ブルーノートの『ジニアス・オブ・モダン・ミュージック vol.2』に収録されている
《サバーバン・アイズ》と《イヴォンス》を録音しました。


最初に聴いたときは、曲の輪郭がなかなか掴めずに苦労したものですが、次第に面白い構造とバランスで成り立っている曲なんだなとおぼろげながら気づきはじめ、今ではすっかり楽しめるようになりました。


私の場合に限ってのことかもしれませんが、楽しめるようになるまでには、ちょっと時間がかかるナンバーが多いような気がします、このアルバムは。


もっとも慣れてくると、すごく深みと含蓄と情報量の多いアルバムに変化してくるのですが。


ジニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.2 [Limited Edition, Original recording remastered] / セロニアス・モンク, ミルト・ジャクソン (演奏) (CD - 2005)
ジニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.2/セロニアス・モンク

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック