トミフラの《チェルシー・ブリッジ》


今朝から東京は、肌寒くなってきた気候にさらに拍車をかけるかのような冷え冷えとした雨が降っています。


皆さまお風邪などひかれぬよう。


暖かい部屋で飲む、暖かいコーヒーやココアが恋しくなるような日ですが、と同時に暖かくリラックスできる音楽もあったほうがいいですよね。


今、私はコーヒーを飲みながら、久々にトミー・フラナガンの『オーヴァー・シーズ』を聴いています。


tommyF.jpg


うーん、くつろぐ。


とくに《チェルシー・ブリッジ》はいつ聴いても、やっぱり名曲、名演です。


さらりと、そしてじわりと染みてくる、抑制の美学を心得たピアノの名手、トミフラの魅力を改めて味わい楽しんでいます。


皆さんも、このアルバムは、このような陽気の日に備えて一家に一枚常備しておくと何かと心が豊かになりますよ。





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック