アイク・ケベック『ヘヴィ・ソウル』評


本日2011年11月26日より、ちょうど50年前の1961年11月26日に、
テナーサックス奏者アイク・ケベックはブルーノートに『ヘヴィ・ソウル』をレコディングしました。

heavysoul.jpg


ミルト・ヒントンのベースとのデュオナンバー《ネイチャー・ボーイ》だけでも聴く価値あり!

沈み込むようなハードボイルドな世界がたまりません。





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック