LeeAnn Ledgerwood『Compassion』評


リー・アンレジャーウッドの『コンパッション』評をアップしました。


こちらです。


Compassion [Import, From US] / Leeann Ledgerwood (CD - 2007)
Compassion / Leeann Ledgerwood


《アフター・ザ・レイン》や《ネイマ》など、コルトレーンの愛奏曲に挑んだピアノソロ作品。

ハーモニー感覚がマッコイ・タイナーとはまったく違うピアニストゆえ、コルトレーンナンバーが、まったくコルトレーンチックに聴こえない面白さがあります。


『インターステラー・スペース』収録の《ヴィーナス》なども取り上げている点が、選曲がマニアックだなと思いますが、エネルギッシュで熱い後期コルトレーンの「あの感触」とはかなり違う感触なので、是非聴き比べてみてください。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック