エスニック・ヘリテッジ・アンサンブル『ママズ・ハウス・ライヴ』評



深夜に一人、酒と共に。

シカゴを中心に活躍するユニット、エスニック・ヘリテッジ・アンサンブルの『ママズ・ハウス・ライブ』。

民俗楽器を使用しながらも、基本は、ピアノレスのモードジャズといっても良いでしょう。

アート・アンサンブル・オブ・シカゴ的なニュアンスを感じさせつつも、彼らの音はもう少し、求心力と密度の高い、分かりやすい即興演奏で、アンサンブルがシンプルになったぶん、エネルギーを一方向に集中して放射しやすいためか、演奏の向かう方向が初めて聴いた人にも分かりやすく、次第に音と同化している自分に気づくことでしょう。

ボリュームを落とした音の中からも、みなぎるパワーが体内に浸透し、まるで不思議な霊力のようなものに包まれたかのような錯覚に陥ります。

Mama's House Live [Import, From US] / Ethnic Heritage Ensemble (CD - 2009)
Mama's House Live [Import, From US] / Ethnic He...


レビューはこちらです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック