Dizzy Reece『サウンディン・オフ』評



本日2011年5月12日より、ちょうど51年前の1960年5月12日に、トランペッター、ディジー・リースは、『サウンディン・オフ』をレコーディングしました。

サウンディン・オフ [Limited Edition] / ディジー・リース (CD - 2009)
サウンディン・オフ/ ディジー・リース


ジャマイカ生まれで活動拠点がイギリスだったリース。
それも手伝ってか、本場ニューヨークのハードバッパーの重量感や熱気とはひと味違う、のびやかで落ちついたトランペットを披露してくれます。

じっくり聴けば、良さがじわじわ染みてくる好盤です。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック