Booker Ervin『The Trance』評



真夜中に、これを低いボリュームで聴くと良いですよ。
覚醒40%、まどろみ60%の境地。

ブッカー・アーヴィンの『ザ・トランス』。


ザ・トランス+2 [Limited Edition] / ブッカー・アーヴィン, ジャッキー・バイアード, レジー・ワークマン, アラン・ドウソン (演奏) (CD - 2006)
Trance [Import, From US] / Booker Ervin (CD - 1...


ボリュームを上げて昼に聴けば、また違った迫力のあるモードジャズなのですが、ボリュームを落とした状態で耳にはいってくるアーヴィンのテナーサックスは、まるで子守唄のよう。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック