Miles Davis『At Carnegie Hall』評



本日2011年5月19日より、ちょうど50年前の1961年5月19日、マイルス・デイヴィスがカーネギー・ホールで演奏した模様が『マイルス・デイヴィス・アット・カーネギー・ホール』に収録されています。

アット・カーネギー・ホール / マイルス・デイヴィス, ハンク・モブレイ, ギル・エヴァンス・オーケストラ, ウィントン・ケリー, ポール・チェンバース, ジミー・コブ (演奏) (CD - 2001)
アット・カーネギー・ホール / マイルス・デイヴィス, ハンク・モブレイ, ギル・エヴァンス・...

とにかく、ノリノリなウイントン・ケリーが最高。
リムショットでケリーを煽るジミー・コブのドラミングも気持ちいい。


ギル・エヴァンス・オーケストラとの共演演奏も悪くはないですが、個人的にはコンボ編成の演奏のほうが好きですね。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック