アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ『チャイルズ・ダンス』

childs dance.jpg
Child's Dance/Art Blakey & The Jazz Messangers


本日2011年5月23日より、ちょうど39年前の1972年5月23日、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズは、アルバム『チャイルズ・ダンス』に収録されている《ソング・フォー・ア・ロンリー・ウーマン》をレコーディングしました。


スタンリー・クラークがベースで参加していることで有名なこのアルバムですが、このナンバーのみ、ベースがスタンリーではなくミッキー・ベース。

フュージョン全盛という時代背景もあるのでしょうが、エレクトリックピアノも曲によっては導入されているという、メッセンジャーズにしては珍しいフォーマット。

非常にスッキリとしたアンサンブルで聴きやすいメッセンジャーズのアルバムです。

レビューはこちらです。



▼収録曲
1. C.C.
2. チャイルズ・ダンス
3. ソング・フォー・ア・ロンリー・ウーマン
4. 言い出しかねて

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック