Pat Metheny『Still Life(Talking)』評


パット・メセニーの『スティル・ライフ』評をアップしました。

こちらです。


Pat Metheny パットメセニー / Still Life (Talking) 【CD】
Pat Metheny パットメセニー / Still Life (Talking) 【CD】


以前、ラジオ番組にゲスト出演してくれた甲斐のジャズ大名いっきさんが番組でかけ、「メセニーの真髄はPMG(パット・メセニー・グループ)にこそあり!」と強く主張されていたことが印象的だったので、なるほど、PMG目線でもう一回メセニーの音楽を聴き直そっと!と聴き直してみました。

『スティル・ライフ』は、昔、四谷のジャズ喫茶「いーぐる」でバイトしていたときも、比較的よくかかっていた音源なので、耳に馴染みがある音だったのですが、なるほど、いっきさんの言う通り、全体のサウンド、アンサンブルに耳の焦点を拡げて聴くと、新たな心地よさの発見がありまして、以来、ほぼ3日に1度は、朝にかける音源になってしまいました。

今、手帳を見かえすと、今年の4月にいたっては、ほぼ毎日iPodで聴いてますね(笑)。

ま、それぐらい自分にとっては日常的になってしまった音楽なのです。


心地よさといったらこの上なしなメセニーお薦めの1枚、個人的強力プッシュ作です!

この記事へのコメント

  • いっき

    雲さん

    こんばんは。
    雲さんがこのアルバムを頻繁に聴いているなんて嬉しいです。
    私はこのアルバムを聴いて本格的メセニーファンになりました。
    その後はPMGのアルバムが出る度に買いました。
    当の私は最近これをほとんど聴きませんが、
    今ブログを読んでいるうちに猛烈に聴きたくなり、
    今バックにこれが流れています。
    《トーク》いいですよね。
    私はこれを聴くと心地よい海風が吹いてくる感じがします。
    人があまりいない静かなブラジルの海岸で、
    夕暮れ時にこれを聴いたら感極まるだろうな~(笑)。
    2011年07月22日 22:51
  • いっきさん

    おはようございます。
    いっきさんが、ラジオでかけた曲は1曲目のミヌワノでしたよね。あの曲もアルバムの出だしにはピッタリの良い曲だと思います。

    《トーク》に関しては、いっきさんのおっしゃるとおりで、私もブラジル・海・贅沢なひととき、だといいな~な曲なんですが、韓国で聴いても、ギャップありすぎて強烈に新鮮でしたよ(笑)。
    2011年07月23日 09:36

この記事へのトラックバック