Art Blakey『Holiday For Skins vol.2』評

アート・ブレイキーの『ホリデイ・フォー・スキンズ vol.2』評をアップしました。

こちらです。


ホリデイ・フォー・スキンズ Vol.2 [Limited Edition] / アート・ブレイキー, ドナルド・バード, レイ・ブライアント, ウェンデル・マーシャル, アート・テイラー, フィリー・ジョー・ジョーンズ, サブー, レイ・バレット (演奏) (CD - 2006)
ホリデイ・フォー・スキンズ Vol.2 [Limited Edition] / アート・ブレイキー


複数のパーカッションがおりなすリズムの洪水。
アフリカの香りが色濃く漂いますが、主役はやはりブレイキー。
チャカポコと刻まれるパーカッションの上にのっかり、「リードドラム」をたたくのはブレイキーなので、ブレイキーの技(ナイアガラの滝など)が好きな人にとっては、親しみやすいアルバムなことにはかわりありません。

編成が違っても、メロディが違っても、参加ミュージシャンの守備範囲が違っても、ブレイキーはマイペース。大きく変わることはまったくありません。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック