Red Garland『A Garland Of Red』

本日2011年8月17日より、ちょうど55年前の1956年8月17日に、レッド・ガーランドは、初リーダー作のピアノトリオ『ア・ガーランド・オブ・レッド』を吹きこみました。

[初回限定盤 ] Red Garland レッドガーランド / Garland Of Red 【CD】
[初回限定盤 ] Red Garland レッドガーランド / Garland Of Red


1956年といえば、ガーランドがマイルス・デイヴィス・クインテットに在籍していたとき。
つまり絶好調の時期ゆえ、このアルバムの出来も悪かろうはずがありません。

マイルスのところで繰り広げていたピリッとした締まりのあるプレイを繰り広げており、名盤『グルーヴィ』を凌駕するほどの内容となっています。

グルーヴィー / レッド・ガーランド, ポール・チェンバース, アート・テイラー (演奏) (CD - 2007)
グルーヴィー / レッド・ガーランド, ポール・チェンバース, アート・テイラー (演奏)

ただいかんせん、このアルバムが損をしているな、と思うのは、ジャケットの評判が芳しくないんですね。

このアルバムを買おうとCDショップに行って手にとったはいいけど、やっぱりジャケットのビジュアルが良いグルーヴィにしちゃった、って人、けっこう知ってます。


グルーヴィもたしかに素晴らしいアルバムですが(私も滅茶苦茶大好きです)、グルーヴィでガーランドの世界が好きになった人は、是非、『ア・ガーランド・オブ・レッド』のほうも!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック