土取利行+坂本龍一『DISAPPOINTMENT-HATERUMA』評

先日の雨で少し暑さも和らいだ感じがします。

ベランダに出て雨の匂い混じりの空気を吸うと、少しだけ土の香りの混ざった風が頬に当たり心地よい。どういうわけか、若き日の土取利行と坂本龍一の実験作『ディスアポイントメント・ハテルマ』を聴きたくなりました。

日本のフリージャズってなんだか土の香りが漂うものが多いと個人的には感じています。

Disappointment-Hateruma
Disappointment-Hateruma

ちょっと青臭い実験作、という感じがしないわけでもありませんが、雨と車の音が遠くから聞こえる月曜日の午前中に、このようなサウンドを聴くのも悪くないかな、と。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック