チャック・イスラエルのベース

moonbeams.jpg
Moon Beams/Bill Evans

チャック・イスラエル(イスラエルズ)のベースが好きなジャズファンは意外と多いです。

彼の特徴は一にも二にもセクシーな音色でしょう。

たとえば、スコット・ラファロや二―ルス・ぺデルセンのようなアクロバティックな速弾きはしないのですが、一音一音をしっとりと色気のある音でつつんでくれる魅力をたたえています。

彼の音色を楽しみたいのなら、まずはエリック・ドルフィーの『イン・ヨーロッパvol.1』の《ハイ・フライ》が良いのではないかと思います。

イン・ヨーロッパ VOL.1 [Limited Edition] / エリック・ドルフィー, チャック・イスラエル, ベント・アクセン, エリック・モーズホルム, ヨルン・エルニフ (演奏) (CD - 2009)
イン・ヨーロッパ VOL.1 [Limited Edition] / エリック・ドルフィー, ...

ドルフィーのフルートとのデュオなので、イスラエルのベースの音色を存分に堪能できるでしょう。

レビューはこちら

もう1枚あげるとしたら、ビル・エヴァンスの『ムーン・ビームス』でしょうか。

これはしっとりとしたバラード中心の演奏が続くアルバムなのですが、そのぶん、一音一音を大切にするイスラエルの音色をたっぷりと楽しめると思います。

Moon Beams [Import, From US] / Bill Evans (CD - 1991)
Moon Beams [Import, From US] / Bill Evans (CD -...

レビューはこちら

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック