Jimmy Smith『Groovin' At Smalls' Paradise vol.1』評



ブルーノート1585番、オルガン奏者、ジミー・スミスのライブ盤の『グルーヴィン・アット・スモールズ・パラダイス vol.1』!


スモールズ・パラダイスのジミー・スミス Vol.1 / ジミー・スミス, エディ・マクファーデン, ドナルド・ベイリー (演奏) (CD - 1996)
スモールズ・パラダイスのジミー・スミス Vol.1 / ジミー・スミス, エディ・マクファーデ...

スモールズ・パラダイスとは、ハーレムにある唯一の高級クラブ。

そこで繰り広げられたジミー・スミストリオによる多くの演奏を(トリオじゃない演奏もあるがボツになった)編集し、2枚のアルバムに収録されたものです。

今回のレビューは、管楽器と鍵盤楽器の操作性の違いから生まれるフレージングの発想の違いなどについて書いてみました。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック