Lou Donaldson『Lou Takes Off』評



ブルーノート1591、
アルトサックス奏者 ルー・ドナルドソンの『ルー・テイクス・オフ』。

ルー・テイクス・オフ [Limited Edition] / ルー・ドナルドソン (CD - 2010)
ルー・テイクス・オフ [Limited Edition] / ルー・ドナルドソン (CD - ...

ルーさんは、ソ連の人工衛星・スプートニクの打ち上げ成功のニュースをテレビで観て、大いに触発されたようです。

「人工衛星な感じ」がどこまで、どう、音楽に活かされたのかは不明(?)ではありますが、爽快なハードバップであることは間違いありません。

アルトサックスに、ドナルド・バードのトランペット、カーティス・フラーのトロンボーンという3管編成。特に、カーティス・フラーのトロンボーンが頑張っていて、高速パッセージには唖然とさせられる箇所もあります。

元気になりたいとき、気分転換をしたい時の一服の清涼剤。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック