地震とスピーク・ロウ


地震でした。
東日本大地震。


東京では、いまだ時折軽微な余震が続いている状況ですが、私に関してはおかげさまで家族ともども無事でした。

というより、今回の長くしたたかな揺れにもかかわらず、壁に立てかけておいただけのウッドベースも倒れず、陶器、ガラス類は1枚も割れずに済みました。

破損したものといえば、息子が机の上に飾っていたガンプラ(ガンダムのプラモデル)の中にジム寒冷地仕様タイプがあったのですが、これの頭部アンテナが折れたのみ。

HGUC 1/144 RGM-79D ジム寒冷地仕様 (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争) / バンダイ
HGUC 1/144 RGM-79D ジム寒冷地仕様 (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中...

他の飾ってあったガンプラ(ガンダム、ジム、ジオ、グフカスタム、ザク後期生産型、ガザC、百式、ガンキャノン、キュベレイ、ボール、ズゴック、ゴック、ガンダムMk-2、ジム)は、すべて机の上の棚から落っこちてしまったのですが、破損はなし。


唯一、HGUC(ハイグレード・ユニバーサル・センチュリー)のアッガイのみが、倒れずに元の位置で踏ん張っていたという(笑)。

なんと、安定感抜群なんだ、アッガイというやつは!って感じでした。


HGUC アッガイ(ホビー)
HGUC アッガイ(ホビー)


東北、岩手には祖母や従兄弟たちが住んでおり、地震の被害が心配だったのですが、幸い、誰もが怪我をせず、住居や家具類の損害も軽微だそうなので、安堵で胸を撫で下ろしているところです。


我々はたいした被害をこうむらずに済みましたが、テレビなどの報道に接するにつれ、想像以上の甚大な被害を受けている地域や人々もいらっしゃることに胸を痛めております。


本当、被災者の皆様には謹んでお見舞い申しあげます。

同時に、安否が不明になっている方々の無事と、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

本日は3月14日ですが、男子はお返しのキャンディどころじゃないだろうな、なホワイトデーですね。

さて、ジャズのアルバムを1枚紹介。

今日のアルバムは、ウォルター・ビショップを代表する名盤『スピーク・ロウ』です。


スピーク・ロウ / ウォルター・ビショップJr. (CD - 2008)
スピーク・ロウ / ウォルター・ビショップJr. (CD - 2008)


これが録音されたのは、本日2011年3月14日より、ちょうど50年前の、1961年3月14日に録音されています。

日常的に聴いており、口ずさめるフレーズもたくさんあるゆえ、半世紀も前に録音されていたこと自体が、信じられません。こんなに昔に?!って感じです。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック