Joe Pass『For Django』評

for django.jpg
For Django/Joe Pass



ギタリスト、ジョー・パスの『フォー・ジャンゴ』評をアップしました。
こちらです


少年の頃より、レコードが擦り切れるほどジャンゴをかけては、彼の音をコピーし、ギターの練習に明け暮れていたジョー・パス。
麻薬癖を断つために20代の大半を療養所生活で棒に振ってしまったパスですが、ギターは継続して続け、ジャンゴへの変わらぬ思いが1枚のアルバムに結実したのが、35歳のときに録音した『フォー・ジャンゴ』なのです。

じわりと染みてくる、大人の味わい。

『ヴァーチュオーゾ』とならぶ、ジョー・パスの傑作です。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック