Wes Montgomery-Wynton Kelly『Somokin' At The Half Note Vol.1』評


『ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリー&ウィントン・ケリー vol.1』評をアップしました。

こちらです。

Smokin at the Half Note [Import, From US, Live] / Wynton Kelly (CD - 1989)
Smokin at the Half Note [Import, From US, Live]...


とにかく、冒頭の《ノー・ブルース》からして最高!

このノリ、この勢い、このグルーヴ感!
もしかしたら、ウェスの『フル・ハウス』をもしのぐかもしれないエキサイティングな演奏を楽しめるアルバムです。

フル・ハウス+3 / ウェス・モンゴメリー, ジョニー・グリフィン, ウィントン・ケリー, ポール・チェンバース, ジミー・コブ (演奏) (CD - 2007)
フル・ハウス+3 / ウェス・モンゴメリー, ジョニー・グリフィン, ウィントン・ケリー, ポ...

ちなみに、リズム・セクションのウイントン・ケリー、ポール・チェンバース、ジミー・コブは『フル・ハウス』と同一メンバー。
マイルス・デイヴィスのグループを支えたリズムセクションでもあります。
そんな超一流リズムセクションに煽られるわけですから、ウェスのギターも燃えないはずがありません。

とにもかくにも聴いておくんなせ~!な1枚です。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック