Lou Donaldson『Gravy Train』評


本日2011年4月27日よりちょうど50年前の1961年4月27日に、アルトサックス奏者、ルー・ドナルドソンは、ブルーノートに『グレイヴィ―・トレイン』を録音しました。

Gravy Train [Import, From US] / Lou Donaldson (CD - 2005)
Gravy Train (Reis) [CD, Original recording rema...

ルーさんと相性のよい哀愁のピアニスト、ハーマン・フォスターとのコンビによる、アーシーでノリの良い演奏。

これはまさに、赤盤『ブルース・ウォーク』というべき内容で、

Blues Walk [Hybrid SACD, SACD, Import, From US] / Lou Donaldson (CD - 2010)

聴きやすく、親しみやすく、何度でも繰り返し聴きたくなる、魅力に満ちた内容です。

以前、私の番組にゲスト出演した矢野沙織さんも「このジャケット反則ですよね(笑)」と失笑していたおとぼけジャケットに愛着を覚えるファンも多いはず。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック