Blanford Marsalis『Bloomington』評


ピアノレス・トリオ好きにはたまらない盤。

エキサイティングかつハイクオリティなライブで、
サックスがブランフォード・マルサリス、
ドラムスがジェフ・テイン・ワッツ、
ベースがロバート(ボブ)・ハーストという布陣。

私は、これが発売された当時は、本当に夢中になって何度も聴いたものです。

Bloomington

Bloomington

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 1993/05/18
  • メディア: CD



今日からちょうど19年前の、1991年9月23日の録音です。

邦題は、たしか『ライヴ!』でしたね。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック