48年前の『デューク・エリントン・アンド・ジョン・コルトレーン』


本日2010年9月26日より、ちょうど48年前の1962年9月26日に、デューク・エリントンとジョン・コルトレーンの共演、『デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン』が録音されました。


download.jpg


どこまでも美しい《イン・ア・センチメンタル・ムード》は、秋の夜長に聴くにはピッタリです。



この記事へのコメント

  • 針亜連

    雲さんんこんにちは

    今、最終回の放送を聴きながらこのコメントを書いています。
    エリントンで思い出したのですが、
    津田沼にちょっと変わった散髪屋さんがあるのでご紹介したいと思います。

    その名も「エリントン」。
    ジャズ大好きのマスター、宇佐美氏がやっているお店です。お店のウェブサイトを書いておきます。
    http://www.narashino-ellington.com/

    凄く選曲上手な方で、こちらの趣味を的確に読み取り、「こんなのが好きならこれも好きだろ?」と薦めてくれます。その選曲がまた絶妙!
    私は、今は愛知県に住んでいますが、会社の転勤で、以前、勤務先が東京だったことがあり、その当時の社宅が津田沼にありました。その時の近所の散髪屋さんがエリントンで、ちょうど私が赴任したばかりの頃開業されたお店です。13年ほど前のことです。私がちゃんとジャズを聴き始めたのはこの頃で、雲さんの番組をやっていたミュージックバードもこの頃に加入しました。ここのマスターにいろいろ教えてもらって、ジャズとの接し方の基本を覚えました。とても気さくで親切なマスターで、散髪をしないでも、
    ジャズの雑談だけでも付き合ってくれる人です。
    もしよかったら一度立ち寄ってやってください。
    ここでは実名を出せませんが、「藤崎の社宅」「ポール・デスモンド」「ビクター・ラズロ」「関西弁」「中国語がわかるやつ」と言っていただければ、マスターは多分わかると思います。

    最終回は、普段は飲まない特別のウイスキーを持ち出してきて、「センチメンタルムード」で聴いています。
    2010年09月26日 22:31
  • 針亜連さん

    おはようございます。

    最終回までお付き合いいただきありがとうございました。

    じつは、私、20代の頃、津田沼に2年ちょっと住んでいたことがあるんですよ。でも、そのようなイナセな(?)理髪店があること、知りませんでした。
    今度覗いてみようかな。
    2010年09月27日 09:40

この記事へのトラックバック