ワルツ・フォー・デビー ビル・エヴァンス

waltz_for_debby.jpg
Waltz For Debby/Bill Evans

『ワルツ・フォー・デビー』は、
なんだかんだいってやっぱり名盤。

名盤の理由は、カンタンに分析すると、

初心者⇒美しいメロディゆえ、入り込みやすい

マニア⇒ベースのスコット・ラファロとの高度なやり取りをはじめとした、ピアノ、ベース、ドラムの3人のインタープレイを堪能できる


といったところでしょうか。

つまり、聴く人の「耳のレベル」に応じて楽しむ角度がどんどん変わってくるのです。
⇒だから一生楽しめる
⇒名盤

なんでしょうね。



▼収録曲
1. My Foolish Heart
2. Waltz for Debby (take 2)
3. Detour Ahead (take 2)
4. My Romance (take 1)
5. Some Other Time
6. Milestones
7. Waltz for Debby (take 1)
8. discussing repertoire
9. Detour Ahead (take 1)
10. My Romance (take 2)
11. Porgy (I Loves You, Porgy)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック