Steve Lacy『Reflections』評


私はジャズを聴きはじめて比較的すぐにセロニアス・モンクの世界にはまった人間なので、なんとなく「耳の基準」のようなものが、モンクのピアノやモンク作曲のナンバーにあったりします。

だからなのかもしれません。
時折、むしょうにモンクのナンバーが聴きたくなってしまいます。

ソプラノサックス奏者、スティーヴ・レイシーはモンクの作曲のナンバーをストイックなまでに研究、追求していた人。

彼の愚直なまでの“モンク愛”に触れることが出来るアルバムの筆頭が、『リフレクションズ』でしょう。

リフレクションズ

リフレクションズ

  • アーティスト: スティーヴ・レイシー,マル・ウォルドロン,ビュエル・ネイドリンガー,エルヴィン・ジョーンズ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2008/05/21
  • メディア: CD



モンクナンバーが、モンク演奏の音とはまた違った佇まいを見せ、特にタイトル曲は、改めてモンクの曲ってえぇなぁ~と思わせてくれます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック