John Coltrane『Impressions』評

本日2010年11月5日より、ちょうど49年前の1961年11月5日に、ジョン・コルトレーン以下、黄金のカルテットのエルヴィン・ジョーンズ、マッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソンは、アルバム『インプレッションズ』に収録されている《インプレッションズ》を演奏しました。

impressions.png


演奏が進めば進むほど壮絶、凄絶になってゆくエルヴィンの猛々しいドラミング。
ジャズの熱気ここに極まれり!です。


自身の内燃機関に火をつけたい人、
やる気にスイッチを押したい人には打ってつけの熱い音源です。





▼こちらのページにレビューを書いています。
カフェモンマルトル

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック