ソニー・クラーク・トリオ 1957/11/13

sonny clark trio.jpg



日本人に人気のソニー・クラーク。

なかでも『クール・ストラッティン』と並んで人気のある『ソニー・クラーク・トリオ』は、本日2010年11月13日より53年前の1957年11月13日に録音されました。


湿度を感じさせる粘り気のあるピアノのタッチ。

一度このポロポロとしたピアノの音色や質感にはまってしまうとクセになってしまうこと請け合いです。

レビューはこちら





この記事へのコメント

  • 針亜連

    雲さん、こんにちは。

    今回ご紹介のアルバムのラストトラック
    「四月の思い出」は、私の大好きな曲です。
    原曲はアップテンポのノリのいい曲のようですが、
    ここでは、ピアノソロのみのしっとりした演奏になっていますね。
    少し感傷的に、四月の思い出を振り返るようなプレイが好きです。
    以前、四月生まれで高校の同級生の女友達の誕生日に、
    この曲のMP3ファイルを贈ったことがあります。
    今でも、夜にひとりで、
    好みのスコッチと共に、時々この曲を楽しみます。

    ソニー・クラークでは、これ以外には、
    「リーピン・アンド・ローピン」に収録の
    「Deep in a dream」が
    物静かでとてもいいですね。
    アイク・ケベックのテナーも歌心たっぷりで、
    いい感じです。
    2010年11月13日 19:37
  • 針亜連さん

    ディープ・イン・ア・ドリームいいですね。
    私も大好きです。

    あのアルバムは、ケベックがテナーというところがポイント高いところだと思っています♪
    2011年01月20日 09:16

この記事へのトラックバック