Bud Powell『The Amazing Bud Powell vol.1』(Blue Note 1503)評



本日配信のメールマガジンは1503号。

それにちなんで、今回はブルーノート1503番の『ジ・アメイジング・バド・パウエル vol.1』です。

Amazing Bud Powell 1 [Original recording remastered, Import, From US] / Bud Powell (CD - 2001)
Amazing Bud Powell 1 [Original recording remast...

1.Un Poco Loco (1st take)
2.Un Poco Loco (2nd take)
3.Un Poco Loco
4.Dance Of The Indidels
5.52nd St.Theme
6.It Could Happen To You (alternate take)
7.A Night In Tunisia (alternate take)
8.A Night In Tunisia
9.Wail
10.Ornithology
11.Bouncing With Bud
12.Parisian Thoroughfare

#1,2,3,6,7,8,9,13
Bud Powell (p)
Curly Russell (b)
Max Roach (ds)

1951/05/01



#4,5,10,11,12
Bud Powell (p)
Fats Navarro (tp)
Sonny Rollins (ts)
Tommy Potter (b)
Roy Haynes (ds)

1949/08/09


目玉はなんといっても《ウン・ポコ・ローコ》の3テイクでしょうね。

立て続けに3曲同時に聴くのは苦痛だなどというなかれ。

この演奏内容の全く違う3テイクが並んでいるのには、それなりのワケがあるのです。

《ウン・ポコ・ローコ》という“出来ごと”のドキュメントは3つ続けて聴かないと味わえないのです。

聴かず嫌いな方にこそ、是非、3曲連続聴きをおすすめします。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック