Paul Blay『Introducing』評



本日2010年11月30日より、ちょうど57年前の1953年11月30日に、ピアニスト、ポール・ブレイが『イントロデューシング』を録音しました。

INTRODUCING PAUL BLEY with CHARLES MINGUS, ART BLAKEY [Import, From US] / Paul Bley (CD - 1991)
INTRODUCING PAUL BLEY with CHARLES MINGUS, ART ...


ベースがミンガス、
ドラムがブレイキーという重量級なリズムセクションですが、
熱くなりすぎることなく、いや、むしろ大理石のようなポール・ブレイのピアノに影響を受けてか、どちらかというと淡々と演奏が進んでゆくのですが、不思議なぐらい、耳がすいよせられてしまう。

この、ひたひたと迫ってくる静かな高揚感は、かなりの快感です。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック