ホレス・シルヴァー『ホレス・シルヴァー・トリオ』評


本日配信のメルマガは1520号。

それにちなんで、本日のご紹介はブルーノート1520番の『ホレス・シルヴァー・トリオ』です。

ホレス・シルヴァー初期の名作ですね。

silvertrio.png


初期の頃からホレス・シルヴァーのピアノはポキポキしていて、
ファンキーなスタイルを確立する前の、
この時期の彼のピアノのフレーズは、
バド・パウエルのフレーズがいたるところに顔を出すことから、
パウエルからはかなりの影響を受けていたことが分かります。

名曲、《オパス・デ・ファンク》も演奏されています。

バド・パウエルの影響の色濃いちょっと緊張感漂う演奏が私は好きです。

シルヴァーが抜け、アート・ブレイキーとサブーによる《メッセージ・フロム・ケニア》も最高。







この記事へのコメント


この記事へのトラックバック