Jimmy Smith『The Incredible Jimmy Smith At Club Baby Grand vol.1』評


ジミー・スミス初期のライブ、『クラブ・ベイビー・グランドのジミー・スミス vol.1』!


当時30歳のオルガン奏者に入れ込んだブルーノートのオーナー、アルフレッド・ライオンは、非常に短期間のうちに、しかも商業的な結果が出る前から、たび重なる頻度でジミー・スミスのレコーディングを重ねますが、スタジオでのレコーディングには飽き足らず、日常的なクラブでのライブハウスの模様を余すことなく録音し、アルバム化する試みに出ます。

Live at the Baby Grand 1 [Original recording remastered, Import, From US] / Jimmy Smith (CD - 2008)
Live at the Baby Grand 1 [Original recording re...


デラウェア州、ウィルミントンのクラブで行われたライブ。本場ニューヨークの客層とは違う中で、地方都市のクラブに集まったお客たちはジミーのオルガンプレイに圧倒されたことが容易に想像できます。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック