Johnny Griffin『Chicago Callin/Introducing Johnny Griffin』


本日紹介のアルバムは、
ブルーノート1533番、
テナーサックス奏者ジョニー・グリフィンの
『シカゴ・コーリン(イントロデューシング・ジョニー・グリフィン)』です。

イントロデューシング・ジョニー・グリフィン+2
イントロデューシング・ジョニー・グリフィン+2

このスピード感、
いや、それ以上の加速感覚。

たまらないスリリングさ。

グリフィンのグイグイとリズムにのってゆく
バイタリティ溢れるテナーの魅力にはまってしまえば、
もはや脱出不可能!です。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック