ウイムス・オブ・チェンバース ポール・チェンバース


本日紹介のアルバムは、ブルーノート1534番。
ベーシスト、ポール・チェンバースがリーダーの『ウイムス・オブ・チェンバース』です。

chambers.png


トランペットがドナルド・バード、
テナーサックスがジョン・コルトレーン、
ギターがケニー・バレル、
ピアノがホレス・シルヴァー、
ドラムスにフィリー・ジョー・ジョーンズと、
当時、もっともいきが良く、油の乗っていたブルーノートの看板ミュージシャンたちがサイドマンとなり、彼らの個性が存分に発揮されつつも、チェンバースのピチカートの快感を味わえる内容となっています。




レビューはこちらです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック