Duke Jordan『Flight To Jordan』評

flight to jordan.jpg
Flight To Jordan/Duke Jordan


『フライト・トゥ・デンマーク』(Steeple Chase)とともに、デューク・ジョーダンを代表する名作『フライト・トゥ・ジョーダン』。

個人的には、ジョーダンのアルバムのベストのみならず「私の好きなブルーノート・ベスト10」にはいるほど大好きなアルバムなのですが、これが吹きこまれたのは、1960年の8月4日。

つまり、本日2010年の8月10からちょうど50年前に録音された演奏なのですね。

半世紀前に録音されたハードバップの名作、改めて聴き返してみるのはいかがでしょう?

レビューはこちら


▼収録曲
1. フライト・トゥ・ジョーダン
2. スターブライト
3. スクォーキン
4. ディーコン・ジョー
5. スプリット・クイック
6. シ・ジョヤ(危険な関係のテーマ)
7. ダイアモンド・スタッド (ボーナス・トラック)
8. アイ・シュッド・ケア (ボーナス・トラック)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック