お盆に「東風(Tong Poo)」雅楽バージョン



偶然Youtubeで見つけたんですが、これズル……、いや、素晴らしすぎます。



私がYMO、坂本龍一を好きになったのは、《ライディーン》でも《テクノポリス》でもなく、その前に小学生のときに買ったイエロー・マジック・オーケストラのデビューアルバムのB面の《東風(Tong Poo)》がキッカケだったのですが、そのときの印象は「なんて近代的な音楽なんだろう」「これぞ未来の音楽(笑)に違いない!」だったんですね。

ところが、ところが、オーチャードホールで行われた明日香(天地雅楽)とのコラボレーション演奏、これはもう完全に「和」ですね。


tongpoo.jpg


眠っていたニッポン人の遺伝子がくわ~っ!と目覚める落涙モノのおごそか、かつ極上の演奏なのであります。

いやぁ、ホント、この曲は良く出来ている、構造が強固、そして深いです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック