『JaZZ JAPAN』5つの“良い”

先日発売された『JaZZ JAPAN』、もうご覧になりましたか?
御存知、『スイング・ジャーナル』の元編集者達(3人)によって作られた新しいジャズの雑誌です。

JAZZ JAPAN Vol.1 [雑誌]

JAZZ JAPAN Vol.1 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックメディア
  • 発売日: 2010/08/28
  • メディア: 雑誌


創刊号としては、個人的にはまずまずの内容だと感じてはいますが、次号はいったいどういう展開になるんでしょう? 楽しみと同時にちょっと不安でもありますが、とりあえず、私が感じた5つの「いい」を列挙してみます。

1、ゴールドディスク大賞がなくなった
2、5つ星評価がなくなった
3、オーディオ特集がなくなった
4、余白多く、フォントも大きい年寄り向けの誌面レイアウト
5、そこそこの値段にそこそこの内容。コストパフォーマンスがそこそこで、とりあえず、「えっ!?この値段でこの内容?」という違和感はとりあえずないこと

さて、次はどんな内容になるか。

今後、私が期待する5点は、

1、少しでもいいから楽器についての記事
2、執筆陣の拡張
3、論争的対談(ミュージシャンでもいいし、ファンでもいいし、評論家でもいい)コーナーを設けること
4、海外のライブハウスの紹介
5、ネットでしかダウンロード購入できない音源紹介の充実

などなどです。

さて、次はどんな内容になるか。
期待です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック