McCoy Tyner『Double Trio』評



ベーシスト・納浩一氏がゾッコンだというマーカス・ミラーがフレットレス・ベースで奏でる《リズマニング》の4ビート。

これは、今日からちょうど24年前に録音された、マッコイ・タイナーのリーダー作『ダブル・トリオズ』というアルバムで聴くことが出来ます。



ダブル・トリオズ

ダブル・トリオズ

  • アーティスト: マッコイ・タイナー,エイブリー・シャープ,マーカス・ミラー,ルイ・ヘイズ,ジェフ“ティン”ワッツ,スティーヴ・ソーントン
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2009/11/18
  • メディア: CD



たしかに、ベーシストにとっては、センスの良いプレイの連続。おいしい栄養がたっぷり詰まった演奏で、“盗みたい!”と思わせるフレーズ、テクニックはたくさんある上に、バランス、構成力の優れたベースラインだと思います。


贅沢な欠点といえば、優等生過ぎて破綻がなく、音楽的には引っかかるものが少ないということかな。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック