放送第96回『トランサイトのお二人を迎えて』(1)



本日より放送の快楽ジャズ通信のゲストはトランサイトのお二人。
フルーティストのMiyaさんと、
ピアニストのスガダイローさんです。

このお二人からは、演奏について、作曲について、バッキングや伴奏について、アンサンブルについてなど、演奏者ならではの様々な興味深いお話を伺うことが出来ました。

まずは、1曲目。

この音源はまだCD化されていません(CD化の予定もいまのところないようです)。
つまり、貴重な音源ね(笑)。

これは、トランサイト結成後の初ライブで、今年の5月、荻窪のライブハウス「ベルベットサン」でおこなわれたライブの音源です。

曲はMiyaさん作曲の《ピノコ》。

私は、ブラックジャックに登場するアッチョンブリケのピノコのことだと思ったのですが、どうも違うようで。

ネツケ キュージョン ブラックジャック(ピノコ)

ネツケ キュージョン ブラックジャック(ピノコ)

  • 出版社/メーカー: ラナ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



うーん、では、いったいなんなんでしょう?

Miyaさん曰く、詳しくは1年ぐらい後に明らかになるとのことですが、1年も待てないでやんすもうやだ〜(悲しい顔)

Miyaさんのフルートが、いつになくパワフルで、ダイローさんのピアノは、ダラー・ブランドの『アフリカン・ピアノ』しています。

アフリカン・ピアノ

アフリカン・ピアノ

  • アーティスト: ダラー・ブランド
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/11/21
  • メディア: CD



引き出したっぷりな両者の丁々発止のやり取りが心地よい演奏ですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック