いっきさんがミック・カーンの『タイトルズ』を紹介

Titles.jpg
Titles/Mick Karn


いっきさんが、私が大好きなベーシスト、ミック・カーンのファースト・ソロアルバム『タイトルズ』(日本版のLPが発売されたときのタイトルは「心のスケッチ」)をブログで紹介してくれています。

嵌るとこの軟体ベースが気持ちいい。

いっきさん、ありがとう!

私がベースをやろうと思ったのも、フレットレスベースを弾いているのも、すべてはミック・カーンのおかげ(せい?)です。

それほど、私の中では強い強い位置づけを持つベーシスト、ミュージシャンで、ま、考えてみれば中学生か高校生のときからずっと聴いているわけですからね~。

なんてバランスの良い超感覚派ベースを弾く人なんだろうと、音楽を知れば知るほど、彼のセンスには驚くばかりです。

一言、変態天才(笑)。




この記事へのコメント

  • いっき

    雲さん

    私のブログにリンクして下さりありがとうございます。
    このアルバム、ミック・カーンの変態ベース全開で気持ちいいですね。
    気に入っていたけれど紹介する機会を逸していました。
    今回紹介できて良かったです。
    ジャズ・ファンにも是非聴いてほしいアルバムですよね。
    2010年07月27日 22:19
  • いっきさん

    書き込みありがとうございます。
    いや~、ミック・カーンの変態ベースは気持ち良すぎです。もし、彼を知らなかったら、私、ベースをやろう!とは思わなかったでしょう。

    >ジャズ・ファンにも是非聴いてほしいアルバムですよね。

    いや、黙ってましょう、内緒にしておきましょう(笑)。
    2010年08月01日 10:18

この記事へのトラックバック