放送第96回『茜先生のピアノ教室』(2)



今回の放送でかけた最初の曲は、松本茜さんのデビューアルバム、『フィニアスに恋して』より《スピーク・ロウ》。

フィニアスに恋して~10代で最初で最後のレコーディング~

フィニアスに恋して~10代で最初で最後のレコーディング~

  • アーティスト: 松本茜,山下弘治,正清泉
  • 出版社/メーカー: Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
  • 発売日: 2008/05/28
  • メディア: CD


茜ちゃん19歳のときの演奏です。

テーマのアレンジの下地になっているのは、おそらくはテテ・モントリウの『ピアノ・フォー・ヌリア』のバージョンかと思いますが、
ピアノ・フォー・ヌリア

ピアノ・フォー・ヌリア

  • アーティスト: テテ・モントリュー,ペーター・トルンク,アル・トゥーティー・ヒース
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2000/11/22
  • メディア: CD


ま、そんな細かいことは気にせず、10代の女の子の、勢い溢れる潔くスピード感のある演奏をお楽しみいただければと思います。

新潟在住の私の親友(高校時代は、YAMAHA主催のコンテストで、ベストベーシスト賞に輝いているベースバカでもあります)は、この《スピーク・ロウ》を聴き、シャンパンのようにキラキラと輝き、スイートな演奏だという感想をメールで送ってきてくれました。

一言、瑞々しい演奏といえましょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック