放送第89回『おめでとう西山瞳さん!』(1)



今回の特集でかけた曲です。

まずは、西山瞳さんがジャズ作曲部門賞で3位をとったナンバー、《アンフォールディング・ユニバース》。

これは、アルバムとしては発表されていません。

そして、音源が電波にのるのは、この番組が初です。

ついで、西山瞳さんの『西山瞳イン・ストックホルム~ライブ・アット・グレンミラー・カフェ~』より、《ユー・アー・ノット・アローン》。
西山瞳イン・ストックホルム~ライブ・アット・グレンミラー・カフェ~

西山瞳イン・ストックホルム~ライブ・アット・グレンミラー・カフェ~

  • アーティスト: 西山瞳,ハンス・バッケンロス,ポール・スヴァンベリー,カール・マーティン・アンクヴィスト,アンダーシュ・シェルベリ
  • 出版社/メーカー: スパイス・オブ・ライフ
  • 発売日: 2008/02/20
  • メディア: CD


このナンバーだけ、グレンミラーカフェでの録音ではなく、ストックホルムのジャズ祭でのライブ録音です。

しかし、とてもライブ録音をは思えない音ですね。

次いで、今回のコンペティション作曲部門で1位に輝いたジェフ・ワッツの『ワッツ』より《デヴィルズ・リング・トーン》。

Watts

Watts

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2009/01/06
  • メディア: CD



演奏は最高なんですが、作曲という目線で目を向けると、「ん?これでも作曲部門で1位なの? 演奏部門賞で1位なら分かるけど……」と思ってしまうくらいの簡素なテーマの曲なんですよね。

ちなみに、メンバーは、テナーサックスがブランフォード・マルサリス、トランペットがテレンス・ブランチャード、ベースがクリスチャン・マクブライド、ドラムがリーダーのジェフ・ワッツです。

続きはまた次回!
ということで。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック