ケニー・ドーハム特集!



お待たせしました!
と、誰に対してお待たせかというと、どちらかというと、自分に対してだったりしますが(笑)、やっと実現しました、ケニー・ドーハムの特集。

やりたかったんですよ、ドーハム。
大好きなんですよ、ケニー・ドーハム。

嗚呼、せつねぇ、最高!(笑)

マイルス・デイヴィスも素晴らしいですが、かつて、彼と同年代のトランペッターとして、ジャムセッションで技を競い合った、若き日のマイルスのライバルだった、ドーハムのトランペットには、マイルスには決して出せないニュアンスがあります。

哀愁と切なさをたたえたドーハム・ラッパ。

マイルスのような「ご立派さ」「隙の無さ」はありませんが、だからこそ、行間からにじみ出るなんともいえない味がドーハムならではの持ち味なのです。

ちょっとハスキーな音色にキュンとくるフレーズ。

明日から放送の快楽ジャズ通信では、そんなドーハムの魅力をたっぷりとお伝えしたいと思います。

ポッドキャスト編はこちらから

こちらからどうぞ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック