明日からの特集は「マイルス黄金のクインテット~プレスティッジ時代のマイルス・デイヴィス」です。



明日から放送の特集は「プレスティッジ時代のマイルス・デイヴィス」。

わずか2日の間に吹き込まれた
『クッキン』
『リラクシン』
『ワーキン』
『スティーミン』の“ing4部作”、
通称「マラソンセッション」の作品を中心に紹介してゆきたいと思います。

そう、ジョン・コルトレーンがテナーサックス、
レッド・ガーランドがピアノ、
ポール・チェンバースがベース、
フィリー・ジョー・ジョーンズがドラムスという素晴らしいメンバーを擁していた頃の「黄金のクインテット」時代の演奏ですね。

tommyさんの爆弾発言(?!)も飛び出すかもな内容です。

お楽しみに!

Cookin' With the Miles Davis Quintet

Cookin' With the Miles Davis Quintet

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Jvc Victor
  • 発売日: 1991/07/01
  • メディア: CD

Relaxin' with the Miles Davis Quintet

Relaxin' with the Miles Davis Quintet

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Madacy
  • 発売日: 1991/07/01
  • メディア: CD

Workin' With the Miles Davis Quintet

Workin' With the Miles Davis Quintet

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Original Jazz Classics
  • 発売日: 1990/10/17
  • メディア: CD

Steamin'

Steamin'

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Fantasy/OJC
  • 発売日: 2007/08/07
  • メディア: CD




皆さんがお好きな「ing4部作」はどれ?




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック