Ralph Peterson『V』評


OTBの初代ドラマー、ラルフ・ピーターソン。

彼の登場は、一時期ジャズ・ジャーナリズムをにぎわしたような記憶がありまして、私も彼の初リーダー作『V』は発売後、すぐに買って聞いた記憶があります。

しかし、これも昨日のような出来ごとなのかと思っていたのですが、すでにこれが吹きこまれてから、もう22年が経ってしまっているのですね。

光陰矢のごとし。
本日、2010年4月19日は、『V』が録音されてから、ちょうど22年です。


V

V

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Blue Note
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD



アルバムタイトルの命名者は、EMIミュージックジャパンのレコードプロデューサー、行方均氏。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック