やっぱり夜はこれでしょう!って感じ?


癒しでも、ピアノトリオでもないけど、これこそ夜に聴いて深い大感動に打ちふるえて欲しいのが、エリック・ドルフィーの『アット・ザ・ファイヴ・スポットvol.1』の《ザ・プロフェット》。


アット・ザ・ファイヴ・スポット VOL.1+1

アット・ザ・ファイヴ・スポット VOL.1+1

  • アーティスト: エリック・ドルフィー,ブッカー・リトル,マル・ウォルドロン,リチャード・デイヴィス,エド・ブラックウェル
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2007/09/19
  • メディア: CD



昼に聴くよりも、やっぱり疲れて家に帰ってきた夜にこそ、この演奏はふさわしいと思います。

心に染みいる演奏を前に、「ピアノトリオ」であるや無しや云々といった、「形式」や「編成」などのコダワリはナンセンス。

私は、「演奏形態」よりも「演奏内容」の良しあしにこだわりたいですね。

当り前過ぎることを書いていて、かなり恥ずかしいのですが……(笑)。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック