明日からの放送のゲストは妹尾美里さんです



明日から放送の「快楽ジャズ通信」のゲストには、妹尾美里さんが登場します。

美里雲.jpg

そして、先週(こちら)で告知したポッドキャスト編なんですが、こちらでは、tommyさんと美里さんの2人喋りをお楽しみに!と告知したのですが、その内容はディレクター判断でボツになってしまったようです(聞いてみたかった)。

そのかわり、今回アップされていた編集されまくったポッドキャスト編を聴いてみると、これがまた凄いんだ。

といっても内輪にしか分からないスゴさなんですが(笑)。

なにが凄いのかって、番組内の色々な箇所で、我々が喋ったところをうまーくチョイスして、それこそ鋏を入れた箇所10箇所以上と思われる、それこそマイルスの『ビッチェズ・ブリュー』に匹敵するほどの、ツギハギ・フランケンシュタイン的な会話を成り立たせてしまっている!!(笑)
Blu-spec CD ビッチェズ・ブリュー

Blu-spec CD ビッチェズ・ブリュー

  • アーティスト: マイルス・デイビス,ウェイン・ショーター,ラリー・ヤング,ベニー・モウピン,チック・コリア,ジョー・ザヴィヌル,ジョン・マクラフリン,デイヴ・ホランド,ハーヴィー・ブルックス,レニー・ホワイト,ジュマ・サントス
  • 出版社/メーカー: SMJ(SME)(M)
  • 発売日: 2008/12/24
  • メディア: CD

番組の前半と中盤と後半で喋ったはずの会話が、これだけ意味と繋がりをもって編集されていることに驚きです。

前の担当のディレクター嬢も、けっこうたくさん編集してくれていたのですが、4月からこの番組を担当してくださっている太田ディレクターの編集は、それをはるかに上回る外科手術並みの大改造です。パズルのように順番を入れ替えて、別な会話を作りあげてしまっている(笑)。恐るべし、TFMのテオ・マセロです。

今回のポッドキャスト編の会話は、当事者にとっては、記憶にはあるけど、時間軸に沿った記憶ではない、まさに「記憶のバーチャルリアリティ」で脳髄を揺さぶられました(笑)。

そして、このような目線(耳線?)を持って聴くと、「あ、ここにもハサミがはいってるぞ、お、こんなところにも言葉がペーストされている!」なんてマニアックな楽しみも出来るかもしれません(笑)。

▼こちらからどうぞ
http://itunes.apple.com/us/podcast/id314363973

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック