『ジャズ批評 No.155』2010年5月号



告知するの、忘れてましたが、
今月発売の『ジャズ批評 No.155 2010年5月号』。
ジャズ批評 2010年 05月号 [雑誌]

ジャズ批評 2010年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 松坂
  • 発売日: 2010/04/24
  • メディア: 雑誌

いつものコーナー「ブログ・ウォーキング」に、妹尾美里さんのピアノと、「君に届け」に絡めた記事を書いてます。

ラヴィ

ラヴィ

  • アーティスト: 妹尾美里,鳥越啓介,加納樹麻
  • 出版社/メーカー: ディスク・ユニオン
  • 発売日: 2009/11/20
  • メディア: CD

君に届け VOL.1 [DVD]

君に届け VOL.1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD


発売前に、このページのゲラを美里さん本人に渡せてラッキー!って感じでしたが(笑)、美里さん、この記事をどう読んでくれたのかな? マト外れな内容だったらゴメンナサイ。

あと、今回は「黒人テナー・サックス奏者」特集ですが、「私の好きな3枚」に投稿しています。

あと、編集部新着本全紹介「ジャズは手にとって読め!」という書評コーナーで、拙著『超・音楽鑑賞術!』が紹介されています。
超・音楽鑑賞術!

超・音楽鑑賞術!

  • 作者: 高野 雲
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックメディア
  • 発売日: 2010/03/19
  • メディア: 単行本

レビューをしてくださった雑木林進さん、ありがとうございました。

試験勉強を思わせる、とのことですが、なるほど、高校時代は勉強が超・大嫌いで、試験勉強など露ほどもしていなかった私の、本来ならば勉強に注ぐべきはずのエネルギーがノートに音を走らせていたのかもしれません。

岡田斗司夫氏の「レコーディングダイエット」にもちょっと似ているとのことですが、言われてみれば、そうかもねとも思い、そうじゃないかもね、とも思いました(笑)。
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)

  • 作者: 岡田 斗司夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/08/16
  • メディア: 新書

氏の著作、『いつまでもデブと思うなよ』は、発売当初は面白いうえに、「なるほど~」な内容だったので、夢中になって読んだ記憶があります。

なんだかんだで、私、書くのが好きな人種のようです。

昨年も、樋口健夫氏の『アイデアマラソン企画術』なる本を企画編集したのも、樋口さんの「なんでも書け・書け・記録しろ」な精神に深く共感している、ということが大きいですから。
仕事ができる人のアイデアマラソン企画術 (トレビズ新書)

仕事ができる人のアイデアマラソン企画術 (トレビズ新書)

  • 作者: 樋口 健夫
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 新書


『ジャズ批評』が自宅に届くと、毎号、真っ先に読むコーナーがありまして、それは「岩浪洋三のジャズ日記」なのですが、それはなぜかというと「今度は、どんなスゲー写真を撮っているのかな?」という怖いもの見たさと、ここのところラストを飾ることの多い「今月の読書」で、今回はどうハッスルしているのかな? という興味があるからです(笑)。

残念ながら、今回の「読書」はエキサイトしていませんでしたが、加護亜衣のライブにもちゃーんと足を運んでいた好奇心旺盛さには感服いたしました(笑)。
AI KAGO meets JAZZ

AI KAGO meets JAZZ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: P-VINE RECORDS
  • 発売日: 2010/03/31
  • メディア: CD


「新主流派」の名付け親であり、元「スイング・ジャーナル」編集長の岩浪洋三先生が、加護ちゃんジャズをどう聴いたのか?

とっても興味がありますよね?
そしたら、なんと! 「パンチがあり、ちゃんと様になっていた」と、なかなか好意的な評価だったことに、私は、驚き、仰け反り、自分の人生修業の浅さを反省した次第であります。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック